お金借りる即日ならどこ?おすすめは?

お金借りる即日のおすすめはどこ?

お金借りるのに金利が安いと助かりますよね。
キャッシングは金融機関ごとに借りられる限度額に違いがあり、小口や即日の融資のみに限らず、300万円や500万円というようなまとまった融資も受けられます。

 

申し込みから融資されるまでが早く、すぐにお金を手にすることが可能であるため、めちゃくちゃ便利です。
カードを利用して借用するというのが一般的ですね。

金利とは・・・

キャッシングで借りたお金は、利息をプラスして返済していくことになります。
金利とは、この返済する際に追加される「利息」のこと。借りた金額によって利息の率は変わりますが、キャッシングする業者によっても金利は変わります。

 

大切なのは、借りたいと思っている金額をふまえて、一番安い金利のキャッシングを選ぶことです。

 

金利が安いキャッシングを利用する時のポイントは?

キャッシングの借り先を選ぶ際は、まず金利が安いかどうかを確認することが大切です。
銀行系のキャッシングは金利は安いですが、審査に通りにくく、審査の結果がわかるのも遅いのが難点です。

 

その点、消費者金融系のキャッシングは銀行系に比べると金利は高くなりますが、審査結果がわかるのが早いので、すぐにお金を借りたい場合は消費者金融系のキャッシングを利用するのが一般的です。

 

他に先に借り入れているローンが低い金利であった場合、審査も厳しくなるため、よく気をつけて借り換えをしましょう。
キャッシングするときの審査で行われるのは、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報などの確認です。
確認をこれら基本情報についてした上で、返済する能力がその人物にあるのかどうかを判断します。

 

キャッシング審査の注意

虚偽の情報申告をしてしまうと、審査の結果、認められなくなってしまいます。
借金が既に、かなりの額に上っていたり、その人物に関する情報の中に事故に関するものがあると、そうした場合には、キャッシングの審査に通る見込みは薄いでしょう。

 

お金を借りたい!低金利でおすすめのキャッシングは?

低金利でお金を借りるためには、それぞれのキャッシングがどのくらいの金利なのか知る必要がありますね。
金利を比較する際は、上限金利を見て比較するのが一般的です。
一番高い金利は一番低い金額を借りたときに適用され、一番低い金利は、限度額の上限の時に適用されることが多いです。
最初からいきなり100万円などの大金を借りることはほぼできませんので、上限金利で比較するということになります。

会社名 上限金利 下限金利
みずほ銀行カードローン 14.0% 4.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 4.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 4.6%
プロミス 17.8% 4.5%
アイフル 18.0% 4.5%
アコム 18.0% 4.7%
JCBカード 18.0% 15.0%
三井住友VISAカード 18.0% 15.0%

銀行のカードローンは、消費者金融に比べると上限金利が非常に低く設定されています。
しかし、下限金利を見てみると消費者金融と銀行はほとんど変わりありませんね。
これは、消費者金融が安い金額の融資に特化しているからであり、逆に銀行は高額の融資が多いことからこのような特徴が出ています。

 

こうしてみると、銀行のカードローンで借りたいのは誰しも同じなのですが、ではなぜ消費者金融のキャッシングをオススメするのかご説明いたします。

 

消費者金融は「すぐに」借りられるに対応している

先ほど、銀行のキャッシングやカードローンは非常に低金利であることが分かりました。
しかし、低金利にもかかわらず多くの人が消費者金融のキャッシングを利用するにはわけがあるんです。

 

それは、即日融資に対応しているということ。

 

銀行のキャッシングは、少なくとも2〜3週間、お金を借りるまでに時間がかかります。
低金利なので銀行キャッシングをしたいけど、今すぐ必要なのに2〜3週間も待っていられない!という人はたくさんいます。

 

また、銀行のキャッシングは審査が非常に厳しいです。
アルバイトやパートでも収入があれば力になってくれる消費者金融に比べて、銀行のキャッシングは会社・自宅・持ち家の有無など細かいところまで審査の対象になります。なので、時間がすごくかかってしまうのです。

 

でもやっぱり銀行キャッシングの方が結局利息は安く済むんですよね?と思われている方に、実例を紹介いたします。

 

10万円を銀行と消費者金融で借りた場合の比較

利息はこのように算出します。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

10万円を消費者金融の上限金利18%で1ヶ月借りた場合の利息は、
10万円?18%÷365日?30日=1,479円

 

10万円を銀行の上限金利14.5%で1ヶ月借りた場合の利息は、
10万円?14,5%÷365日?30日=1,191円

 

銀行と消費者金融では、300円ほど違いますね。
確かに銀行の方が利息は安いです。

 

期間が長くなればなるほど、この金利の差は大きくなっていきます。
しかし、1ヶ月や2ヶ月であれば、数百円の差。
この数百円の差で、その日のうちにピンチを回避できると思うと、消費者金融の便利さがすごくよく分かっていただけると思います。

 

ただし、消費者金融のキャッシングは短期間で返済する前提で借りるということを頭においておいてください。

 

これ以上ないほど低金利!無利息キャンペーン

金利が銀行より高い消費者金融ですが、実は低金利すぎるサービスも行っているんです!
それは、一定の期間は無利息でお金を貸してくれるという無利息キャンペーン!
このサービスは、一定の期間内に返済をすると利息が0円でお金を貸してくれるというすごくお得なキャンペーンなんです。

 

無利息期間はそれぞれ違いますが、概ね初回の30日間。
初めて契約した人は、最初に借りたお金を30日以内に返済すれば、無利息でお金を借りることができるんです。
仮に最初の30日間の間に10万円を借りて返済してしまえば、友達や親に借りたのと同じ。
そのまま二度とそのキャッシングを使うことがなければ、本当に利息0円でお金を借りることができたということになります。

 

ただし、無利息キャンペーンは「無利息の期間がいつから始まるか」というのがキャッシングによってそれぞれ違います。うっかり忘れていて、30日間が過ぎてから借りると利息はかかってしまいますので、無利息キャンペーンを利用する際は、お金を借りた日からなのか、契約日の翌日からなのかしっかり確認してくださいね。

 

 

無利息期間

スタート日

回数

プロミス

30日間

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

初回借入日の翌日

初回のみ

アコム

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

ノーローン

7日間

借入日の翌日から

何度でも

レイク

30日間

契約日の翌日から

初回のみ

 

どのキャッシングが金利が安い?すぐに借りられる?

金利安いキャッシングを探している方に、当サイトがオススメするキャッシングをランキングにしました。
審査が早くすぐに借りられるキャッシングを厳選しています。ぜひ参考にしてください!

 

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 パート、アルバイトでも融資が可能!

 

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシング機能も欲しい!即日融資とキャッシング、こんなカードもあります!

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 海外でも利用できて年会費無料!

 

急な海外出張ですぐにクレジットカードが欲しい方にピッタリ。クレジット機能付きなのに最短即日、スピード発行が可能!もちろん、キャッシングとしてもご利用可能です。
【特徴】
・クレジット機能がついているのに即日カード発行が可能
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・1回払いを選択しても、リボ払いでの支払いが可能。

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/creditcard/

 

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら楽天ポイントプレゼント

↓公式サイトはこちら↓

https://www.rakuten-card.co.jp/

 

 

キャッシングのミニ知識

キャッシングと聞くと、怖いイメージを持つ方は少なくないと思います。
特に消費者金融系のキャッシングは、「ヤミ金融」のようなイメージで、激しい取立てがあるのではないか、などと考えてしまう方も多いと思います。

 

実際の消費者金融のキャッシングはとても丁寧で、銀行とほとんど変わらないサービスと対応を受けることができます。

 

例えば、支払いが遅れてしまった場合、個人名の女性が電話をかけてきます。
電話での対応も、通常の銀行系カードの窓口の方と全く変わらない対応です。

 

また、最近では女性が借りやすいように、女性専用のキャッシングもあり、対応は全て女性というサービスもあります。

 

マイナスのイメージが強い消費者金融ですが、上手に使うことで銀行系のキャッシングよりも、もっと便利でスピーディに、困ったときの味方になってくれます。

 

ただ、これは銀行系も同じことですが、返済計画はしっかりと検討して借りるようにしましょう。

 

低金利かスピードか 銀行と消費者金融

お金を借りるというのは、クリーンなイメージとブラックなイメージの2種類がありますよね。
住宅ローンや車を買うときには多くの人はローンを組んで購入し、分割で払っていくという買い方をします。
また、事業資金や会社を運営するために必要なお金を借りるのも、ローンを組んで利益から返済していきます。
これらは全て「お金を借りる」という行為なんですが、多くの人がそのようにして買い物をするので、クリーンな普通のイメージですよね。

 

ところが、明日の生活費が足りない、返済するお金が足りない、冠婚葬祭用の服を買うお金が足りない・・・というお金を借りるとなると、とたんにブラックなイメージになります。
必要な金額は住宅ローンや車を買うよりもはるかに少ない金額なのに、このタイプのお金を借りようとすると、どうしても「借金」というイメージが就いて回ってしまいますよね。

 

大きな金額を長期間返済し続けることは、なかなか大変なことです。
特に家や車などの数千万、数百万単位になると、何十年も支払っていくことになるわけですから、低金利でないとやってられません。
でも、10万円、20万円くらいのお金であれば、家や車のローンに比べたら少ない金額です。
働いていればすぐにでも返済できる金額ですし、借りようと思えば友人や親に借りることもできなくはない金額です。
でも、やはり友人や家族に迷惑をかけたくない。そんな人のために、消費者金融のスピード融資というのは非常に心強い味方になってくれるんです。

 

銀行のキャッシングを選ぶか、消費者金融のキャッシングを選ぶかというのは、用途によって使い分けるのが一番賢い方法。
あなたが今お金を借りたいと思っている理由がどんなことなのか、いくらぐらいなのか、そしてどれくらいの期間で返済する予定でいるのかをまずは考えて、その上で低金利とスピードを比較して検討するのが最も賢い方法です。